ゲーム実況は、リアルの人間はもちろんのこと、VTuberも盛んに行っています。Vtuberたちは、どんなゲームにハマっているのでしょうか?

VTuberたちは、どんなゲームにハマっている?

Vtuberゲーマーといえば、猫宮ひなたやゲーム部プロジェクトなどが「ガチゲーマーVtuber」として人気を博しています。特に猫宮ひなたは

VTuberはスキルの高さに関係なくゲーム配信をしている印象があります。そこで、どのキャラクターがどんなジャンルのゲームが得意なのか、ということについてみていきましょう!

キズナアイ

自称、世界初のVTuberで、VTuberの中では圧倒的な人気を誇る「キズナアイ」は、「A.I.Channel」というYouTubeチャンネルを運営してますが、そのほかにもゲームに特化した「A.I.Games」というYouTubeチャンネルも運営しています。

ゲーム実況のジャンルは幅広く、『PUBG(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』などのFPSや、『スーパーマリオ オデッセイ』のような人気アクションゲームの実況を行っていますが、最近では、アクションアドベンチャーゲーム、『Detroit:Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)』の実況をアップデートしています。

『Detroit:Become Human』はシリアスな展開が連続しますが、かわいい声で実況しつつ、ゲームのプレイ中にキズナアイが思い切った判断をするところは、意外性が感じられます。

A.I.Games

電脳少女シロ

アイドルに憧れているVTuber、「電脳少女シロ」は、踊っている動画やVTuberのモノマネのほか、いろいろなことにチャレンジしていますが、もちろん、ゲームの実況も行っています。

特に好んでプレイするゲームは『PUBG』ですが、「戦闘用AI」の異名を持つ電脳少女シロは、まさにその異名がぴったりです。

かわいらしいキャラクターでありながら、上位を目指すガチなゲームプレイが特徴的で、敵を徹底的に狙うストイックなプレイは、視聴者たちを魅了します。

Siro Channel

ふぇありす

女の子の声で話すことが多いものの、時に男の人のような声を出す「ふぇありす」は、性別が「両声類」となっており、「ネカマおじさん」と呼ばれることがあります。

ゲーム実況は、『PUBG』や『Call of Duty:Black Ops4(コール オブ デューティ ブラックオプス4)』のなどのFPSのほか、『Shadowverse(シャドウバース)』のようなオンラインTCGなども行っています。

全体的にみれば、女の子らしいかわいい声で実況することがほとんどですが、時には実況中にキンキンするほどのかん高い声を上げることもあるために「キチゲニャース」と呼ばれることもあります。

Fairys Channel

もずとはゃにぇ

「もずとはゃにぇ」は、ゲームを実況するバーチャルな鳥の「もず」と、同じくゲーム実況をするバーチャルなカエルの「はゃにぇ」が組んでいるゲーム実況ユニットです。

ただし、「もず」はバーチャルな形ではなく、中の女子がそのまま実況することがほとんどです。

「はゃにぇ」は関西弁を話すカエルで、つぶれたような声を出しながら、早口でまくし立てるように話すことが特徴的です。

ゲーム実況は『Fallout(フォールアウト)76』や、『FF(ファイナルファンタジー)シリーズ』など、RPGがメインとなっていますが、そのほかにも『PUBG』の実況も行っており、「はゃにぇ」がせわしなく実況している様子が耳に残ります。

もずとはゃにぇ

ムラタ

VTuberは、一人でさまざまなジャンルのゲーム実況を行うことが多いですが、人狼ゲームに特化しているVTuberは「ムラタ」です。

人狼ゲームとは、人間側は、人間に化けている狼を見つけ出して処刑し、狼側は、夜になったら人間を襲うゲームで、人間が絶滅するか、狼の数が人間の数と同数、もしくは人間の数の方が少なくなるまで続けられます。

人狼ゲームの実況画面では、ゲームのキャラクターがすべて人間として登場していますが、キャラクター同士がお互いを疑っている状況の中、ムラタは淡々とした口調で実況を進めていきます。

冷静な形で進められるゲーム実況も、面白い形と言えそうです。

ムラタ/Vtuber人狼

VTuberは、最近になってどんどん増えていますが、それにともなって、VTuberのゲーム実況も増えてきています。

ゲーム実況を、ゲームの攻略法として参考にするのはもちろんのこと、VTuberがどんなプレイをするのか、という点に注目しながらゲーム実況を楽しんでみるのもいいかもしれません。