※以下は、PR TIMESに株式会社Cygamesが発表したものを引用しています

本格スマホカードバトル『Shadowverse(以下、シャドウバース)』の世界一を決める「Shadowverse World Grand Prix 2018」が2018年12月15日(土)、16日(日)の両日開催され、よしもとLibalent(リバレント)所属のふぇぐ選手が世界一に輝き、2018年シーズンの各地域の熱い戦いに幕を閉じました。

また、表彰式後、サイゲームス常務取締役 兼 『シャドウバース』プロデューサー木村唯人より、2019年にも同額の優勝賞金100万USドル(約1億1,000万円)の世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019(仮)」を開催することを発表いたしました。

本大会は、国内で開催されるesports大会史上、最高の優勝賞金100万USドルをかけて、2018年シーズンに世界各地の大会で優秀な成績をおさめた、24名の選手が二日間にわたり熾烈な戦いを繰り広げました。

15日のDay1スイスドロー8回戦の上位8名、Riowh選手、NineVoice選手、Potwasher選手 (Tempo Storm)、ふぇぐ選手、Hishiro選手、ZeNX選手、ソルト選手、カサゴ選手が、トーナメント方式で行われる16日のGRAND FINALSに進出いたしました。

優勝したふぇぐ選手は、準決勝で、Day1をトップで通過したRiowh選手との激戦をものにし、決勝に勝ち上がり、Potwasher選手との決勝も互いに一歩も譲らぬ厳しい戦いとなりましたが、最後にチャンスをものにし、優勝に輝きました。

優勝インタビューでは、目に涙を浮かべながら、「(この喜びは)所属チームのよしもとLibalentのメンバーに伝えたいです。成績が振るわない時期もありましたが、あきらめないで、毎日練習した結果だと思います。今日も1、2時間しか寝ないで練習をしました…シャドウバースには夢があります!本当に楽しいゲームなので、ぜひ、もっと多くの人にプレーしてもらいたいです。」と喜びを表現しました。

Shadowverse World Grand Prix 2018賞金総額は1.4億円以上!

今回のShadowverse World Grand Prix 2018では、賞金総額1.4億円以上になる131万USDと発表されました。優勝者には100万USDが支払われ、残りの31万USDが2位以下の選手に支払われます。この金額は国内eスポーツタイトルではトップとなり、2018年の最高額となっています。

日本のeスポーツの賞金額は?

2018年より発足した「日本eスポーツ連合」ですが、これまで日本のeスポーツ大会で注目されたタイトルを紹介します。

モンスト(賞金総額6000万円)

2018年10月より開催されている「モンスターストライク プロフェッショナルズ2018 トーナメントツアー」で、2018年12月末に決勝大会が行われ、結果が発表されます。モンストは2018年4月から8月まで開催されていた「モンストグランプリ2018」でも賞金総額6000万円を出しており、eスポーツ熱が高まる中で、どれだけ賞金が上がっていくのか注目です。

パズドラ(賞金総額1000万円)

「パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2018」が2018年8月から9月にかけて開催され、そこでは賞金総額1000万円が支払われました。優勝者には500万円が支払われ、これは「パズドラ」史上最高額となっています。

ストリートファイターV アーケードエディション(賞金総額1000万円)

「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア」をTGS 2018一般公開日の2018年の9月22日・23日に開催され、こちらも1位には500万円の賞金が贈られました。TGS内の中で、さらに2日間の大会で総額1000万ということで大きな注目を集めました。

今回のシャドウバースは

国内eスポーツ大会史上最高額となる約1.4億円の賞金総額は、2018年にeスポーツが大きな注目を浴びていたと実感した方も多いのではないでしょうか。

これまでモンストの6000万円が最高額でしたが、1億円の大台が登場し、これまでの優勝賞金3000万円を大きく上回る金額となりました。

今後はここよりも多くの額を出すゲームも出てくることはほぼ確実でしょう。どのゲームがどれだけの賞金を出してくるのかも、日本国内のeスポーツの盛り上がりの指標となります。

多くの注目を集める大会となりますのでスポンサーやプロモーションなど注目する点もさらに増えていきそうですね。

参考URL:PR TIMES