メ~テレ(名古屋テレビ放送株式会社)の子会社、「名古屋テレビ・ベンチャーズ合同会社」が、AIを用いてスポーツ中継の自動化を実現するカメラシステムを提供する「Pixellot Ltd.(ピクセロット)」(本社:イスラエル)に、ABCドリームベンチャーズ株式会社、朝日メディアラボベンチャーズ株式会社とともに出資することを発表しました。

「Pixellot」とは?

Pixellot Ltd.が開発した無人撮影カメラ「Pixellot」は、AIによる自動撮影や編集機能を備えているそうです。「Pixellot」をスタジアムに設置すると、AIが自動でカメラワークをこなし、従来の撮影にかかるコストを大幅に抑えることができ、試合の合間には広告を自動挿入することも可能。「Pixellot」は現在、サッカー、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、バレーボールなど12競技の撮影に対応し、「オートプロダクション」モードでは、本物のカメラマンが撮影しているかのような、自然なカメラワークが実現されています。

 

画像①Pixellot S

画像②Pixellot A

「Pixellot」は現在、世界各国で販売を拡大しており、日本における事業パートナー先と事業提携の可能性を検討してきたところ、ABCドリームベンチャーズ、朝日メディアラボベンチャーズとともにPixellot Ltd.と議論を重ね、それぞれが持つメディアパワーをいかせると判断し、共同出資に至ったそうです。今後は「Pixellot」を通じて、従来よりも効率的なスポーツ中継制作、または動画配信プラットフォームを活用したアマチュアスポーツのライブ配信などが実現される予定だそう。

Alon Werber氏 (Pixellot Ltd. CEO)のコメント

今ラウンドでの投資では、素晴らしい互恵関係がありました。朝日グループは、現在の資金調達ラウンドを3000万ドル以上へ押し上げ、我が社にとって初めて日本の投資家となりました。また、彼らにとっても、初のイスラエルスタートアップへの投資となりました。 私たちはヨーロッパ、アメリカ、メキシコ、中国でも驚くべき成長を体験してきました。今回、名古屋テレビ・ベンチャーズ含めた朝日グループの共同投資により、我が社はAIによる自動撮影システム「Pixellot」を通じて、日本で新たに数百万人の視聴者を獲得し、同市場で大きく前進していくでしょう。日本各地から数多くの、野球、サッカー、その他のスポーツを配信出来るのを楽しみにしております。

イスラエルはテクノロジー先進国

このAIによる自動撮影システムが導入されたら、これまで以上に多くのスポーツが身近になっていくと考えられます。

AI機能を活かした動画配信をできるのも、イスラエルはハイテクスタートアップ企業が集うイノベーション大国だからこそと考えられます。

1990年代には「コンピューターサイエンス」という科目が全高校で導入されていたという国で、現在でも小中学校でも導入をされ「コンピューターサイエンス」の科目でプログラミングなども学ぶそうです。

また、イスラエルは男女ともに徴兵制があり、高校卒業後の兵役中には軍でトップレベルの研究開発期間でさらにサイバーテクノロジーの勉強をするそうです。

そんなサイバー先進国と謳われるイスラエルは、最近ではAIが音楽を作り出す技術を発表するなど、技術とイマジネーションを兼ね備えたまさにイノベーションなものを世に送り出しています。

今回ご紹介した自動撮影・編集カメラも、今後日本国内に多く普及すること、そしてスポーツ撮影だけでなく、他のシチュエーションに対応していくことができたら現在行われている多くのライブ配信にも使用できると考えられますよね。

AI先進国として広く知られているのは中国ですが、イスラエルのAI技術にも今後注目が集まります。

参考URL:PR TIMES