画像引用:aiin

森ビル ブランドムービー | DESIGNING TOKYO

Executive Creative Director 古川裕也
Creative Director 菅野薫
Director 鎌谷聡次郎
Cast 山口小夜子、坂本龍一、村上隆、SUMIRE
Narration 角舘健悟(Yogee New Waves)
Music mabanua

こちらは森ビルブランドのコンセプトムービー
演出を映像作家、鎌谷聡次郎さん
3DCG技術をjitto inc.さんが手がけました。

3DCGのエフェクトがものすごい…
ひとつひとつのつなぎのエフェクトについ見入ってしまいます…
重力がない映像…
目が回る構成力…

今回は、演出面において効果的に使用されているギミックについて
少しご紹介したいと思います。

グリッチエフェクト

時代によって人物が移り変わる場面に
効果的にグリッチエフェクトが使われています。
目の前にテレポートしてきたような登場で
時間の流れを表現しているかのようです。

■グリッチエフェクトシーン

画像引用:Web Design Facts

タイムラプス

都市を横断する人物たちを描くのに、タイムラプスが活用されています。

人の流れや交通量を表現する際によく用いられます。
こちらは世界的に有名なホテルチェーンであるヒルトン・ホテルが公開した動画。
ニューヨークの街並みやホテル内の様子を丸一日撮影したものですが、
都心ならではの人の量、交通の量の多さがわかりやすく、
時間を凝縮することによって、いつもの街と違う印象になります。

音楽とNAと

森ビル誕生から目まぐるしく変化していく、都市の歴史が
2分間にギュッと詰まっているこのムービーですが
ぜひ、音ありでみてください。

mabanuaさん手がけるエモい楽曲と
角舘健悟(Yogee New Waves)さんのNAが
情緒的で、グッと世界を盛り上げています。

街をつくる。
それは何十年もかかる仕事だ。
いわば手がけたときから、
「未来」をつくっている。

街をつくる。
それは終わりのない仕事だ。
都市に生きる人の営みは、
時代とともに変化しつづける。

はるか未来に
思いを馳せながら。

東京全体を
広い視野でとらえながら。

私たちは、都市の魅力を高めることで、
この国のポテンシャルを引き上げる。

そして「まだどこにもない東京」を
ひとつひとつかたちにしていく。

DESIGNING TOKYO

youtubeより引用

さまざまなギミックを駆使しながらも、その全ての”質”が詰まっている至極の作品です。