League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド) World Championship Final2018をライブ配信!

eスポーツタイトルとして大人気のLeague of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)の2018年最強がきまるLeague of Legends World Championship Final2018が11月3日(土)(日本時間16:30〜)に韓国仁川で行われます。

ライブ配信も行われるので、今年一番の盛り上がりとなるlol世界大会2018決勝を観戦してみてはいかがでしょうか?

lol世界大会2018決勝大会の配信は?

世界各地の強豪24チームによる激戦もついに最後の戦いです。日本時間11月3日16:30、ヨーロッパ代表Fnaticと中国代表Invictus Gamingがサモナーズカップをかけて韓国・インチョンの仁川文鶴競技場で激突します。

リーグ・オブ・レジェンドWorld Championship Final(決勝)は世界14の地域で開催されているLoL競技リーグの頂点を決める戦いです。Worlds優勝とは、リーグ・オブ・レジェンドにおける最大の名誉であり、勝者には世界最高のチームという称号が与えられます。

ライブ配信と録画配信がありますので、lolファンの方はぜひ配信のチェックをお忘れなく!

ライブ配信(lol eスポーツサイト)

VOD(録画は翌日以降に公開)

大会の詳細について

Finalのルールは、準々決勝およびSemifinal(準決勝)同様にBo5形式で行われます。先に3勝したチームが2018年の世界王者となります。

本年のFinal進出チーム

Fnatic

Invictus Gaming

両チームのここまでの戦歴は?

Final進出の両チームは約1ヶ月の激戦の末にここまでたどり着いています。Worldsではこれまでプレイインステージ、グループステージ、Quarterfinal(準々決勝)、Semifinal(準決勝)が繰り広げられてきました。FNCとIGは共にそれぞれの地域リーグで優秀な成績を収めてWorlds出場を決め、大会開幕後は世界中の強豪を勝ち抜いて王座決定戦へと駒を進めてきています。

ノックアウトステージの結果はこちら!詳しい戦績がわかるので、まだチェックしていない方はぜひこちらをご覧ください。

大会スケジュール

日本時間16:30:オープニングセレモニー

今年のFinalオープニングセレモニーはMastercardの提供でお送りします。今回は史上最大の規模になることはもちろん、サプライズもご用意していますのでお楽しみに。

セレモニーではアーティストたちによる2018 Worldsの公式テーマ曲『RISE』のパフォーマンスが行われます。

■出演者

The Glitch Mob
Mako
The Word Alive
Bobby(iKON)

また今年のオープニングセレモニーでは、Madison Beer、(G)I-DLEのミヨンとソヨン、Jaira BurnsによるRiotプロデュースの新曲も初披露となるそうです。

17:00:試合開始

Final決着後はクロージングセレモニーも行われます。ステージ上では優勝チームがサモナーズカップを手にする様子のほか、表彰式とWorlds 2018 Final MVPトロフィーの授与も併せて実施されます。

参考URL:2018MFinal(決勝)VPアワード詳細

Worlds 2018開幕は日本時間11月3日16:30です。世界王座へと「RISE(昇って)」みせるのは果たしてどちらになるのか、Finalをお見逃しなく!

参考URL:Worlds 2018:Final(決勝)ガイド