2017年はSNSで拡散されるものの多くは写真をベースにしたものでしたが、2018年に入り動画が主流となってきました。

写真では表現したり伝えることのできなかった動きにも注目が集まるようになり、2018年はTikTokを中心にリップシンク動画やダンス動画が流行し注目を集めました。InstagramでもタグにはTikTokに関連したものが多く使われ、インスタ流行語でも多くエントリーしてきました。

G Performance Museumは一味違うダンスや凄技を掲載

今回ご紹介するのインスタグラムアカウント「G Performance Museum」も、動きのある動画ならでは伝えられる内容に特化しています。

このアカウントでは、スキージャンプやパルクールのような超高度な技や、手だけを使ったパフォーマンスに影絵などTikTokなどの動画投稿、SNS投稿に取り入れることもできる、真似ができないような世界中の凄技から、すぐ取り入れられるようなスゴワザまで、あらゆるパフォーマンスを紹介しています。

ミレニアル世代が求めているもの

2018年に大流行した動画投稿アプリ「Tik Tok」ですが、流行った背景にはSNSネイティブ世代である、ミレニアル世代の心理が大きく関係しています。

インスタ流行語でも見られる、「#広告で有名になりたい」という言葉が流行ったのは、TikTokの広告に乗る事ができるというプロモーションからです。

それ以前からもポカリスエットガチダンスなど「#広告になりたい」という意識をミレニアル世代がTikTok以前より持っていたことが伺えます。

こうした傾向は海外も同様で、「有名になりたい」と考えるミレニアル世代は多いのだとか。

参考URL:One In Four Millennials Would Quit Their Job To Be Famous

人より少しだけすごい、というアプローチをしようとするミレニアル世代が増えており、注目されるために「みんなと同じことをするけど少し違う」というオリジナリティを出していくことも、SNSを多く利用しているミレニアル世代にある傾向です。

凄技でミレニアル世代にアプローチ

凄技の動画自体は、2014年頃から日本では定期的に見られるようになっています。日産のプロモーション映像「【キャラバン】THE PROFESSIONAL OF JAPAN | NISSAN CARAVAN」などは特に注目されました。

また、資産運用アプリ「THEO」のプロモーション動画「THE FASTEST WORKERS 日本最速仕事人9選」でも凄技が使用されており、こちらの動画は1600万回以上再生されているという人気ぶり。

こういった動画に共通するのが数秒の世界で綺麗に完結する気持ちよさです。

「G Performance Museum」では多くの技が紹介されており、演出次第ではこういった動画にハマる内容が多く掲載されています。またTikTokに限らず「ポカリガチダンス」のように踊ってみたなど、視聴者参加型動画でプロモーションをかける際にも使えそうなアイデアが詰まっています。

こういった「真似しやすい動画を投稿する」ことでミレニアム世代が真似をした動画を投稿していくことが当たり前の世界がきていますので、WEB動画プロモーションを行う際には参考にしてみると、ミレニアル世代に向けたアプローチの足がかりになるかもしれませんね。