実用性の高さから、注目が高まっている「ドローン」

小型の無人航空機である「ドローン」は、実用性の高さから注目が高まっていますが、現在では、カメラが搭載されているタイプのドローンも多く、ドローンを空撮目的で使用することも増えてきています。

また、単に空中から写真を撮影することにとどまらず、ドローンで撮影している画像をライブ配信することもできるのが最近のトレンドです。それでは、どのようにしてドローンからライブ配信を行うのでしょうか。具体的な方法についてみていくことにしましょう。

カメラ付きのドローンと専用アプリでライブ配信

ドローンで撮影した画像をライブ配信するためには、カメラ付きのドローンを用意し、ライブ配信を行うための専用アプリを利用する方法があります。

これらを利用してライブ配信する方法について説明すると、専用アプリから「ライブ中継」の項目を選び、ライブ中継するためのプラットフォームを選びます。プラットフォームの種類としては、動画投稿サイトの「YouTube」や、Facebookの動画配信機能である「Facebook Live」などがあります。

プラットフォームにログインし、設定範囲を決めて、中継開始することによって、ドローンで撮影した画像のライブ配信が始まります。

この方法であれば、カメラ付きのドローンを用意し、専用のアプリをダウンロードするだけなので、ドローンを活用したライブ配信を手軽に行うことができます。

また、中には、ドローン操縦アプリにライブ配信機能が備わっているものあるので、そのようなアプリを活用すれば、より手軽にライブ配信を行えます。

Wi-Fiカメラを搭載しているドローンでライブ配信

そのほかにも、Wi-Fiカメラが搭載されているドローンを利用することで、ライブ配信を行うことができます。

その仕組みについて説明すると、ドローンで撮影した画像をWi-Fiで転送し、Wi-Fiに対応している端末に送信する流れとなります。

これによって、スマートフォンやタブレットなど、Wi-Fiを搭載している端末であれば、画面を通じてドローンが撮影している画像を閲覧することが可能となるのです。

この方法ならば、Wi-Fiカメラを搭載しているドローンを用意し、手元にスマートフォンがあればドローンのライブ配信が可能となるので、低コストでのライブ配信が実現します。

ドローンでライブ配信している事例は?

次に、ドローンでライブ配信を行った事例についてみていくことにしましょう。

ドローンを活用したライブ配信は、セコム株式会社が所有している「セコムドローン」で行われています。

具体的には、同社が提供する「巡回監視サービス」において契約先の施設を飛行し、飛行中に撮影している画像を警備室にライブ配信する仕組みとなります。

同サービスは、スーパーや工場など、比較的規模の大きな施設に対応するサービスですが、上空からの監視と撮影が可能となるため、防犯対策における大きな効果が期待されています。

エンターテイメント領域でも活躍!

4人組バンド・Lenny code fictionはドローンを利用してシングル『Make my story』のMVを撮影しています。20台以上のドローンを利用したことで、ダイナミックな映像を演出することに成功しています。
これだけのドローンを使用した試みもあり、このMVはメディアにも取り上げられ、話題となった作品です。

そして大分の水族館「うみたまご」では、日本初の挑戦として水中にドローンを投入し、海の生物をライブ配信しました。ドローンは地上だけでなく、水中でも活用されています。

そして何と言っても、ドローンを利用したライブ配信として今後にさらなる期待がかかるのは、スポーツの試合の中継です。おなじみのJリーグの試合中継や、マラソン大会のライブ配信でも使用されています。

ドローンを使用することで、選手たちの動きを多角的に追うことができるようになり、今までとは違った角度から試合を観戦することが可能となります。今後は大きな大会でもドローンがどんどん活躍していくことが予想されます。

今後、ドローンが進化を遂げることにより、あらゆる場面でのライブ配信が見込まれています。斬新な視点でのライブ配信を楽しみたいですね。

 

参考資料:

SECOM 報道資料

うみたまご