ニュース

Vtuberの新着動画や情報が探せるアプリ『FEVR(フィーバー)』登場!

2018年5月31日 (木)

 

2017年はキズナアイが登場し、Vtuberの草分け的存在となりました。
2018年もその勢いはとどまるところを知らず、キズナアイ以上のVtuberは出ていませんが、それでも多くのVtuberたちが出てきて話題になっています。
さらに2018年に入ってからは「自分がVtuberになる」アプリが続々と登場しています。
今回はVtuberにまつわるアプリをご紹介します。

Vtuberポータルアプリ「FEVR」

まずは2018年5月28日にリリースされたばかりの「FEVR(フィーバー)」です。
Vtuberを検索することができ、さらにそれぞれのVtuberたちの動画を検索したり、ファンアートをチェックすることができます。
SNS上にあるファンアートが登録されているVtuberのものが流れてくるので、好きなVtuberのファンアートを探すことができますよ。
SNSで検索した時などと違い、サムネイル形式のインターフェースで、開いた先のイラストはSNSへのリンクも付いているので、そのクリエイターが誰なのかチェックすることができます。
好きなVtuberのフォローだけでなく、新しいVtuberを探したり、イラストを見たりすることができるので、Vtuberファンには欠かせないアプリですよ。

VtuberのLIVEコマースサービスも!

5月30日にSTARP株式会社がVtuberが商品の販売や投げ銭をもらえる配信システムサービス「V Live kit」を開始しました。
YouTubeの埋め込みなどもでき、さらにLIVE配信スタジオも同時にオープンするので、個人のVtuberの方でスタジオに困っている方はそこを借りて配信することも可能になります。詳細が知りたい方は「V Live kit」で問い合わせることが可能です。

ボイスアプリ「LisPon」のボイスオーディション

バイドゥが提供するボイスアプリ「LisPon(リスポン)」が5月29日から6月12日まで新Vtuberの声を担当する声優オーディションを開催します。
既にキャラクターデザインオーディションは終了していて、候補に上がった16のキャラクターに合ったボイスを募集しています。
キャラクターたちは現在いるVtuberにはいなさそうなキャラクターが多く出ています。
声が決まり、デビューするのは5名ということです。
声に覚えあり!という方はぜひ声優オーディションに挑戦してみてください。

バーチャルYouTuberランキングをチェック!

ユーザーローカルが運営する「バーチャルYouTuberランキング」の登録しゃが3000人を突破したと発表しました。
キャラクターオーディションなどご紹介しましたが、これからさらに増えて行きそうですね!
そんなVtuberのランキングを見ることができるサイトが、この「バーチャルYouTuberランキング」です。
やはりキズナアイが頭ひとつ抜けて人気ですが、後発のキャラクターも頑張っています。
2018年2月に登場した猫宮ひなたは、PUBGなどのゲーム実況を多く投稿していて、Vtuber界ではトップゲーマークラスの腕前を披露しています。
2018年1月から活動を開始した、Vtuber界初のバーチャルカノジョ「ヨメミ」もランキングを上げてきています。
他には海外のVtuberも登録されています。
さらに、「格闘ゲーム激うま天帝バーチャルユーチューバー犬」や「バーチャルねこ」などの動物も登場しています。
「バーチャルねこ」は喋ったりはしないのですが、見ているとなんとなく癒された気分になりますよ。

「ホロライブ」でVtuberになりきる!

バーチャルYouTuber「ときのそら」をプロデュースを手がけるカバーが運営するアプリ「ホロライブ」では、リアルタイムでキャラクターになりきることができます。
背景も白背景以外にも動画合成用のグリーンバックも選択できます。
外部アプリと連携をすることによって、バーチャルライバーとして配信を行うことも可能。
さらにこのアプリ内でも、Vtuberのオーディションが現在進行中です。(募集は締め切られています)
5名の女子高生のキャラクターが今後デビュー予定で、キャラクターの設定は既に公開されているのでチェックしてみてくださいね。

 

海外でもVtuberは人気が出てきていて、4chanやredditでも話題になっています。
2018年はキズナアイを超えるVtuberが出てくるのか、それともキズナアイの独走が続くのかが注目ポイントになりそうですね。

参照元:バーチャルYouTuberランキング

 

(ライブジョン編集部)

pagetop