ニュース

YouTubeライブ配信の同時視聴者数の記録は!?Beyonceが世界最高!?

2018年5月30日 (水)

 

YouTubeは世界で10億人以上のユーザーが居ると発表されています。
これはインターネットの全人口の3分の1にあたる数です。
1日あたりの動画視聴時間は10億時間で、視聴回数は数十億回にも上るとYouTub公式発表があります。

ライブ配信でもその実力を発揮していて、日本でもライブ配信のリアルタイム視聴人数が2万〜3万人以上番組も多く見られます。
LINELIVEなどと比べても、1度の視聴数が万単位になる番組の数は多く見受けられます。

音楽フェスの最高同時視聴数はBeyonceが更新

2018年4月に行われたアメリカの野外音楽フェスティバル『コーチェラ・フェスティバル』がストリーミング配信され、中でもBeyonceのパフォーマンスは「Beychella」と名前がつくほど圧巻のものでした。
この配信では45万人以上が同時視聴。
YouTubeでライブ配信された音楽フェスティバルの中で、最も同時視聴者数の多いものとなりました。(2018年5月現在)
これにはDestiny’s Childの20周年を記念し復活パフォーマンスや、夫であるJay-Zや妹のソランジュとの共演などが事前に話題になっていたことも挙げられます。
さらに2018年はブラックカルチャーの国際人気が高まっている中、この「Beychella」ではブラックカルチャーを前面に押し出したパフォーマンスを披露したことも話題となった理由の一つです。
しかし、「Beychella」をダブルスコアで圧倒する個人配信が2018年3月に配信されていました。

『フォートナイト バトルロイアル』ゲーム実況配信が約110万人!

スペインのYouTuberのelrubius氏が3月25日に配信した『フォートナイト バトルロイアル』のゲーム実況の同時視聴者数が、なんと約110万人に到達。

 

ゲーム配信をメインとしているTwitchでも個人配信で100万人を超えたものはないそうです。

 

『フォートナイト バトルロイアル』は2017年7月に早期アクセス版を、2018年に正式版をリリースしたばかりのタイトルです。PUBGと似ている部分を指摘されてはいますが、バトルロイヤル形式のモードは世界同時接続が340万人に達するほどの人気を得ています。
欧米では社会現象になっているほどで、日本でもPUBGよりもフォートナイトを推す声もあるほど。
フォートナイトはTwitchでも人気があり、人気ストリーマーのNinjaとカナダの人気ラッパーDrakeの実況配信が60万人を超える同時視聴者数を記録しました。
これはTwitchでは最大同時視聴者数記録を数十万単位で大幅に更新するものだったとか。

世界的なイベントのライブ配信では…

 

2018年5月に行われたヘンリー王子とメーガン妃のYouTubeでのライブ配信では、 全体で1120万人、ピーク時には129万人が同時視聴していました。
YouTubeではありませんが、2017年のトランプ大統領の就任演説ではTwitterのライブストリーミングで約680万人の同時視聴数でした。
さらに2018年5月22日には、インドのストリーミングサービスHotstarが配信した、インド国内のクリケットリーグIndian Premier League 2018 の試合で、同時視聴者数826万という驚異の数字を叩き出しました。

ロイヤルウェディングはYouTubeだけの数字ですが、TwitterやUstreamなど他の配信を合わせるともっと視聴数も多そうですよね。

日本の番組も数十万同時視聴者数!?

他にもAbemaTVが2017年5月に配信した『亀田興毅に勝ったら1000万円』が、bemaTVのサーバーがアクセスの負荷に耐えられずダウンしてしまった際に、YouTubeの同時配信にユーザーが移動し、同時視聴者数は約73万人だったそうです。

この70万人という数字は日本国内では驚異的で、通常多いものでも大体2万〜3万くらいの同時視聴者数となっています。
例えば2017年年越しライブ配信をしたのVTuberミライアカリの配信では2万人を超える同時視聴者数でした。
また、『虎ノ門ニュース』や『ニュース女子』はコンスタントに毎回2万〜3万前後の同時視聴者数を獲得しています。
ゲーム実況で大人気の兄者弟者さんのライブ配信も人気で、『2broRadio』などで2万人〜3万人の同時視聴者数となっています。
こちらはとにかく声がいいので、ぜひ声好きの方はチェックしてみてくださいね。

 

日本国内でもさらにライブ配信のアクセスが増えていくはずなので、ライブジョンではこれからも同時視聴者数に注目して行きたいと思います。

 

参照元:GRQAMMY AWARDS , Polygon , YouTube Official blog , Akamai

 

(ライブジョン編集部)

pagetop