ニュース

【ニコ生】個人配信って何が面白いの?ニコ生のやばい有名配信者も紹介!

2018年5月11日 (金)

ライブ配信みなさん見てますか?

ゲームなどアプリの公式配信や、芸能人の配信や、ネット番組だからこそできるという企画など色々と賑わっているライブ配信界隈ですが、日本ではYouTubeとツイキャスとニコニコ生放送が人気ですよね。
特にライブ配信だとツイキャスやニコニコ生放送で個人配信をしている人が多いのではないでしょうか。
今回はニコニコ生放送の個人配信についてご紹介します。

ニコ生の個人配信とYouTubeの違いって?

YouTubeのライブ配信ではゲーム実況や企画ネタが多く見られますが、ツイキャスやニコ生では日常の中で雑談をする配信者が多く、そこでリスナーとコミュニケーションを取っていく形が多いです。

ニコ生の配信者たちの収入は、人気が出てくるとチャンネル開設をできるようになり、チャンネルに月額料金をつけることができます。それを見るためにファンの方達がチャンネル会員になる、という仕組みです。
YouTubeとは収入の仕組みもだいぶ違いますよね。

 

ニコ生ではYouTubeよりも過激でアングラな内容が受ける傾向にあるようです。
もちろん「クリーン」な配信者もいますが、クリーンな配信者たちはニコ生配信だけでなくイベントや、公式の配信などにも数多く出演しています。

アングラな配信者たちって、どんなことするの?

「クリーン」な配信者たちに対して「アングラ」な配信者たちは、過激な内容が多くその無謀なリアリティ感や、何が起こるかわからないドキドキ感が楽しめるのが人気の理由です。
例えばニコ生主(ニコニコ生放送のチャンネル配信者のこと)で有名なのが「よっさん」や、「野田草履」です。
調べてみると「野田草履」は女性問題や政治ネタなどを交えた、過激な内容を配信することもあるようです。
「よっさん」もよく言えば歯に絹着せない物言いや、無鉄砲な生活を配信しているのが人気あるのだとか。
「よっさん」は糖尿病になってしまったようですが、生活態度を改めるつもりはない!と豪語していたり…。

 

なかなか濃ゆ〜いキャラクターが満載のニコ生ですが、要望に応えてくれたり、コメントでコミュニケーションとったりとリアルタイムで話をしている感覚を味わえるのが、雑談配信の醍醐味ですよね。
やりすぎると垢BAN(アカウントストップ)されることがあるので、これから配信をやってみたい!と思っている方はくれぐれも利用規約に違反しないように、楽しく配信してくださいね。

 

(ライブジョン編集部)

pagetop