ニュース

「きぼう」における小動物飼育ミッションの記者説明会を生配信!

2018年3月14日 (水)

3月15日(木)15時から国際宇宙ステーション「きぼう」の日本実験棟にて、金井宇宙飛行士が長期滞在中に実施予定の小動物飼育ミッションについてのJAXAの取り組みについての記者説明会が実施されます。
説明をするのは東北大学医学部教授の山本雅之氏とJAXA有人宇宙技術部門きぼう利用センター技術領域主幹の白川雅之氏です。

主旨(予定)

JAXAは、筋萎縮・骨量減少のような加齢に似た現象が宇宙で見られる特徴を生かし、「きぼう」を使った加齢研究分野の支援を進めております。JAXAが主導する「きぼう」での小動物飼育ミッションについて、その目的やねらい、期待される研究成果をご説明し、金井飛行士の長期滞在ミッションテーマである「健康長寿のヒントは宇宙にある」の意義をお伝えします。

YouTube番組公式コメント欄より引用)

これまでに宇宙実験が実施された動物は?

宇宙開発初期にはヒトの代役としてチンパンジーなどの霊長類がロケット実験で打ち上げられていたそうです。
カエルやイモリなどの爬虫類や両生類だけでなく、鯉や金魚、メダカなどの魚類やウニなどもこれまで宇宙の実験が実施されてきました。
2016年には長期飼育マウス全数生存機関しています。
さらに機関したマウスからは、次世代の子マウスも誕生しているとか。

宇宙開発の歴史の中ではいろんな動物が宇宙に飛びだっています。
今回の動物は多分マウスではないかと思いますが、その説明や研究目的などが詳しく説明される予定です。
動物が宇宙に行く方法なども説明があるかも?どんな方法で宇宙に行くのか、どんな場所で動物が生活するのかも気になりますよね。

ぜひ配信で詳しい説明を聞いてみましょう!

配信日:3月15日(木)15:00〜
参照元:「きぼう」における小動物飼育ミッションの記者説明会(YouTube)

(ライブジョン編集部)

pagetop