2018年の年末、平成最後となる流行語が各社から出揃ったのではないでしょうか。注目ニュースから派生した言葉や、新たにできた新語、そしてトレンドから出て来たキーワードなどなど、2017年年末には「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれ、SNS台頭の年となりました。2018年は「インスタ流行語」が登場もし、さらにその流行語の中に動画SNSである「TikTok」のキーワードが多くみられるなど、SNSがさらに浸透して来た年と言えたのではないでしょうか。

今回は日本デジタル動画マーケティング協会独自で集めた情報を元に、紹介して来た記事をまとめました。

ユーキャン新語・流行語大賞

2018年は「そだねー」が対象に輝き、トップテンには「eスポーツ」がランクイン。動画界では「eスポーツ」のランクインは当然と言えば当然でしょうか。

これまでプレイ動画をはじめとする実況ライブ配信などがゲームの配信では注目されて来ました。近年はスマホゲームの隆盛とともにアップデート情報や、イベント情報を定期的に配信するゲーム会社各社の公式ライブ配信も人気となっています。

そしてeスポーツのプロ認定証が発行されるなど、2018年はゲーム系の配信に注目が集まった年だったとも言えます。

ゲームの実況配信や、各社のライブ配信、イベントのライブやさらにeスポーツのリーグの配信など、今後どんなタイトルがeスポーツに認定されていくのかなど、目が離せないのは間違い無いでしょう。

Petrel インスタ流行語大賞

1位は「なんちゃってダンス」でした。これはTikTokで流行したダンス動画です。他にも「いいアゴ乗ってんね」など、TikTok発の流行語がインスタでもハッシュタグとして使用されてきました。

さらに、「ギャル語流行語大賞2018」でも1位に「いい波のってんね〜」とTikTokで流行った楽曲で、さらに6位に「ぐい縦ぐい横ぐい斜め的な」がランクイン。こちらもTikTok発の流行語です。中高生を中心にTikTokがかなりの人気だった年ということがよくわかりますね。

2年ほど前はmixchannelが流行り、2017年から2018年にかけてTikTokが流行しました。2019年もTikTok人気が続くのか、TikTokに変わるリップシンク・ダンス系のショートムービーアプリが台頭してくるのか気になるところですが、こういったショートムービー系のダンスアプリはティーン人気は普遍性があると言えますね。

AMF JC・JK流行語大賞

こちらもアプリの流行を「TikTok」が1位を獲得。やはりティーンに大人気の遊べるアプリだったのは間違いないですね。

三省堂 今年の新語2018

ここでは「ばえる」が大賞に輝きました。2017年ユーキャン新語・流行語大賞で流行語となった「インスタ映え」は、いつの間にか独立した動詞となり「ばえる」と使われるようになっていました。今後は「インスタ映え」ではなく「ばえる」がどんどん広まっていくと考えられますし、動画などを制作する際には「インスタ映え」を使用して古いと思わせないように「ばえる」を入れていく方がベターかもしれませんね。

ここには他にVtuberがランクイン。バーチャルYouTuberとしてキズナアイが使用し始めてから、さらに略式系としてVtuberという単語が生まれましたが、2018年一年の間に定着していました。2018年に登場し新語としてランクインするのは、多くの人に注目されているということが伺えます。

Google検索キーワード 急上昇ランキング

2018年Googleで検索されたキーワードの急上昇ランキングです。

「平成」のカテゴリが作られていますが、やはり2019年で平成が終わることが注目となっています。特に「平成最後の夏」はInstagramやTwitterなどのSNSでも多く使用されて来ました。2018年の年末、そして春にプロモーションを行う際には「平成最後の」をキーワードに組み立てていくと、2018年から2019年のスペシャル感を出すことができます。

まとめ

2019年のトレンドはさらに「ライブ配信」がくると予想されます。2017年ごろまでは「フォトジェニック」という言葉が使われていましたが、2018年には「ムービージェニック」とも言われてきました。

事実2018年は多くのライブ配信が登場し、インドのHotstarで配信したクリケットの試合には1000万人が同時接続、30以上のテレビ・インターネットで配信されたLoLの世界大会のファイナルは4400万人以上が同時間帯に見るなど、ネットとテレビの境もどんどんなくなって来ていると考えられています。

日本のゲーム実況でも、本田翼さんのライブ配信が同時接続数14万人を超えたと発表されています。これからますます動画配信は盛り上がると考えられており、ネット広告も動画を使用されることが多くなっていくと言われています。

動画制作の際には、より細分化されたトレンドを意識するようになっていくと考えられています。今回はティーンを中心に紹介しましたが、マクロ・ミドルクラスのよりディープなファンがいるYouTuberにも注目が集まっています。

2019年のトレンドキーワードや、人気インフルエンサーなども大きく変わる可能性があります。

今後もJDVMAではウェブ動画に使えるトレンドを追いかけていく予定ですので、ぜひ参考にしてみてください!