辞書のトップメーカーである株式会社三省堂が、2018年12月5日に「三省堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新語2018』」選考発表会を実施し、2018年を代表・象徴する新語ベスト10を発表しました。

新語の選定にあたっては一般公募を行い、応募総数は延べ2,315通(異なり1,296語)だったそうです。これらの投稿などをもとに、辞書を編む専門家である選考委員が一語一語厳正に審査し、「今年の新語2018」ベスト10が選定されています。

参考URL:今年の新語2018

従来の新語・流行語ランキングとの違い

三省堂が募集する「今年の新語」とは、あくまで「今年特に広まったと感じられる新語」ということで、必ずしも「今年生まれた言葉」ではないそうです。その中から、特定のジャンルやコミュニティーに偏らないよう、使用者層や使用域の広がりと使用頻度の高さを考慮し、来年以降も使われてゆくであろう日本語を辞書を編むエキスパートが慎重に選定されているものです。つまり、辞書に載ってもおかしくない新語をバランス良く認定するのが「今年の新語」とのこと。ベスト10には、実際の国語辞典の編者が腕を振るって語釈を付しているので、新語・流行語との違いがわかります。

SNS時代の美を語る「ばえる(映える)」が大賞

2017年に惜しくも入選を逃した「インスタ映え」。その後部要素である「映(ば)え」が独立した動詞となり、「ばえる」という形で一般化するという新展開を見せました。SNS社会での美的感覚を象徴する新語であり、また、美しく際立ったものに対してプラス評価を与える語として、日常生活で広く使われるようになりました。加えて、日本語の歴史的観点からも興味深い特徴があり、まさに2018年の大賞にふさわしい新語です。

新語・流行語大賞と違うとはいいますが、今回選外に「半端ないって」と「そだね(―)」が入っていたことが、やはりこの2語については多くの人が関心を持っていたということでしょう。

2018年を物語るベスト10

2位の「モヤる」は、従来の「もやもやする」の意味から、不満、反感、怒りなども含めた、負の感情を婉曲的に表現する用法で、ここ数年急に使われるようになりました。

3位の「わかりみ」は、「つらみ」「うれしみ」などの接尾語「○○み」が形容詞につく場合にとどまらず、「わかりみが深い」「ラーメン食べたみが強い」「髪型の武田鉄矢みがすごい」などにも用法が拡大しつつあることから、「○○み」の代表選手として選出されました。

4位の「尊い」は従来の「尊敬する気持ちを引き起こす」という意味ではなく、「美しすぎて、いとおしいと思わせる」対象への最大級の賛辞として使われるようになったことが、2018年に特徴的な新しい語義とされました。

その他にも、言葉の響きの面白さに加えて、今年検索サイトのCMにより急浮上した「肉肉しい」、百科語である「VTuber」「マイクロプラスチック」、災害が多かった2018年を物語る「スーパー台風」「ブラックアウト」、近年新しい用法が広がっている「寄せる」が選出されました。

一方、一般公募で最も投稿数の多かった「半端ないって」は、「半端ない」が一部の国語辞典にすでに掲載されているため、惜しくも選外となりましたが、感動詞的な「○○って」の用法に、誰がなんと言おうとも、というニュアンスが感じられるところに新しさが見られました。次に投稿数が多かった「そだねー」は、全国的に広まったものの、単純な連語のため辞書の見出しには立ちにくく、残念ながら選外となりました。

三省堂の新語には、国語辞典のプロの手による解説(語釈)をつけて発表

ベスト10に選出された言葉には、実際の編者が腕をふるって国語辞典としての言葉の解説(語釈)を書きました。今後の辞書に掲載されてもおかしくない「今年の新語2018」の切り口と面白さを味わってください。

【大賞】ばえる(映える)

【2位】

もや・る[モヤる](自五)〔俗〕もやもやする。特に、不満や不愉快(フユカイ)、反発を、ばくぜんと感じる。「見ると―投稿(トウコウ)はブロックする」〔二〇一〇年代に広まった ことば〕   (『三省堂国語辞典』飯間浩明先生)

【3位】

わかりみ【分かりみ】〈名〉理解できること。共感できること。また、その度合い。「―が深い・―がすごい」[最近の若い世代の言い方。接尾辞「み」は、本来、「赤み」「面白み」「新鮮み」のように、一部の形容詞・形容動詞の語幹にのみつくものであったが、「つらみ」「尊み」のように、従来は「つらさ」「尊さ」と、接尾辞「さ」しか付かない形容詞語幹へも広がった。「分かりみ」は、それが、さらに動詞の連用名詞形にまで広がったもの]   (『三省堂現代新国語辞典』小野正弘先生)

【4位】

とうと・い[尊い]タフトイ(形)〔俗〕〔アイドル・キャラクターなどが〕とても美しくて、いとおしい(と思わせるようすだ)。「ヒデキ―!」〔二〇一〇年代半ばからの用法〕   (『三省堂国語辞典』飯間浩明先生)

【5位】

ブイ チューバー[3]〖VTuber〗〔バーチャル-ユーチューバーの略〕動画配信サイトのユーチューブで、生身の人間に代わって投稿コンテンツに出演するコンピューター-グラフィックスのキャラクター。   (『大辞林』編集部)

【6位】

にくにく し・い[5]【肉肉しい】 (形) 〔特に牛などの赤身の肉料理で〕 量感に加えて質感までもが強く感じられ、見るからに、肉のうま味や食感などが好ましく感じられる様子だ。〔近年の言い方〕「ワインに合う─ 一皿を豪快に味わう/─ハンバーグ」 [派]━さ[5]        (『新明解国語辞典』編集部)

【7位】

マイクロ プラスチック[8]〖microplastic〗 大きさが五ミリメートル以下の微細なプラスチック。ペットボトル・レジ袋・ストロー等のプラスチック製品が海洋に流入し、波や紫外線等によって劣化し、砕けたもの。大量に存在することが知られるようになり、深刻な環境汚染の原因として近年問題になる。   (『大辞林』編集部)

【8位】

よ・せる[寄せる](他下一)性格が近いものにする。似たものにする。「俳優が原作に寄せた演技をする」〔二〇一〇年代からの用法〕   (『三省堂国語辞典』飯間浩明先生)

【9位】

スーパー たいふう[5][7] 【スーパー台風・スーパー〈颱風】〔←super typhoon=米国の合同台風警報センターによる最大強度階級の台風〕 最大風速が毎秒約六五メートル〔=一三〇ノット〕以上の極めて強い台風。日本の気象庁の最大強度階級である「猛烈な(最大風速毎秒五四メートル)台風」を超える。   (『新明解国語辞典』編集部)

【10位】

ブラックアウト〈名〉[blackout]①[夜間の]大規模な停電。また、そのことで混乱や不安が広がること。「大災害時の―」②報道規制、灯火管制、記憶障害など、一時的に働きが止まること。③[演劇などで]舞台が暗転すること。   (『三省堂現代新国語辞典』小野正弘先生)

参考URL:三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2018」選考結果発表ページ

言葉のネタ満載の選評をWebページに掲載されているので、今後新語として国語辞典に入るかもしれない言葉の意味や背景を読まれてはいかがでしょうか?

言葉から2018年の傾向や、これまでの傾向などが見えてくるかもしれません。