eスポーツは、大規模な大会の種目に採用されることも

ここ最近は、コンピューターゲームを競技とする「eスポーツ」が大きな盛り上がりを見せています。2019年の茨城国体では、文化プログラムにおける特別競技として、eスポーツの開催が決定しました。

様々な種類があるeスポーツの種目

年々認知度が高まりつつあるeスポーツですが、eスポーツにはどのような種目があるのでしょうか。eスポーツの主な種目の紹介と、各種目の解説を行っていきます。

シューター

シューターの特徴は、銃撃戦や武器による戦闘を行うこと、ゲーム内のマップを自由に移動できることですが、中でも特徴的なのは、プレイヤーの視点でゲームが展開されていくことです。

プレイヤー視点で展開されていくゲームは、一人称のシューターという意味で、「ファーストパーソン・シューティング(FPS)」と呼ばれています。FPSの場合は、基本的に自分の姿を直接見ることができず、見える部分は腕のほか、武器や道具などに限られます。

中には、プレイヤーのキャラクターの姿を見ることができるゲームもありますが。そのようなゲームは三人称のシューターという意味で「サードパーソン・シューティングゲーム(TPS)」と呼ばれています。

FPSには、「コール オブ デューティシリーズ」のように、日本でも有名なタイトルがあり、eスポーツ大会の開催においては盛り上がりを見せることがあります。

RTS

RTSとは、「リアルタイムストラテジー」の略称で、「時間の経過に応じて進行するストラテジーゲーム」という意味合いとなります。なお、「ストラテジーゲーム」とは、「戦略が求められるゲーム」のことです。

また、ストラテジーゲームには、RTSのほかに、プレイヤーと敵キャラクターで命令や行動の順序が決まっている「ターン制ストラテジー(TBS)」があります。

FPSとRTSで異なる点をあげてみると、FPSの場合はプレイヤーが単独で行動するのに対し、RTSの場合はプレイヤーが各キャラクターに指示を出して、戦略的にゲームを進めていく点です。

RTSの代表作としては、「Warcraft(ウォークラフト)」シリーズがあります。

MOBA

MOBAとは、「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ」の頭文字をとったもので、RTSをベースとした新たなジャンルとなっています。

多数のキャラクターによって構成される味方チームと敵チームが戦い、敵チームの本拠地を破壊することで勝利となります。

RTSとMOBAの違いについてみてみると、RTSはプレイヤーが指揮官となり、多数のキャラクターを操作するのに対し、MOBAは多数のキャラクターのうち、一つのキャラクターだけを選ぶ形をとります。つまり、MOBAは、一つのチームが複数のメンバーで構成される仕組みとなっているのです。

MOBAでは、各キャラクターの能力は異なることから、それぞれのキャラクターの持ち味を活かしながら戦闘を進めていくことが勝利のポイントとなります。

MOBAの代表作としては、「League of Legends(LoL)」や「Dota2」などがあります。

トレーディングカードゲーム

トレーディングカードゲーム(TCG)は、「トレーディングカード」と呼ばれるカードを利用して行う対戦ゲームのことです。

なお、TCGは日本での名称となっており、英語を利用する国々では「コレクタブルカードゲーム」と呼ばれ、「CCG」と略されます。

トレーディングカードゲームと言えば、実物のカードで対戦するアナログ的なイメージがありますが、そのような遊び方に限らず、パソコンやゲーム機などでプレイできるものもあります。

一例としては、「Hearthstone(ハースストーン)」や「ポケモンカードゲーム」、「遊戯王OCG」があげられます。

TCGは対戦が白熱しやすいこともあり、eスポーツの種目として注目が高まっています。

かつてはスポーツとしての認知度が低かったeスポーツですが、近年は大規模な大会での種目に採用されるケースがみられることから、今後は、さらなる認知度の高まりが期待できます。

eスポーツが一般的なスポーツと同様に認知され、盛り上がっていくことに期待したいですね。

参考ソースURL

エレクトロニック・スポーツ(Wikipedia)
ファーストパーソン・シューティングゲーム(Wikipedia)
ストラテジーゲーム(Wikipedia)
マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(Wikipedia)
トレーディングカードゲーム(Wikipedia)

(ライブジョン編集部)